SERVICES 診療案内

Wisdom toothu 親知らず

親知らずは、第三大臼歯または智歯とも呼ばれ20歳前後に一番最後に生えてくる歯です。
多くの場合、実際にはスペースが足りないため、大部分は顎の骨の中に横向きに埋まっていたり、一部のみ生えてきたりします。
親知らずがまっすぐ生えてくる方は大変少なく、非常に磨きにくいため汚れが多量に付いている場合がほとんどです。
そのため、親知らずが虫歯や歯周病が進行していたり、その手前の歯も一緒にむし歯になってしまう可能性があります。

「こんなお口の
お悩みはありませんか?」

  • 葉っぱアイコン親知らずが横向きに生えている
  • 葉っぱアイコン 親知らずがむし歯になっている
  • 葉っぱアイコン 親知らずの周りのはぐきが腫れている
  • 葉っぱアイコン噛んだ時に下の奥歯の歯茎が痛い
  • 葉っぱアイコン 口臭が気になる

SECTION 01 親知らずの生え方

まっすぐなタイプ

まっすぐな歯のレントゲン写真
親知らずがまっすぐに生えていて、上の歯としっかり噛み合っており、親知らずまでちゃんと歯磨きができている場合は特に抜く必要はありません。
まっすぐに生えていても虫歯や歯周病の原因となっている場合は逆に早めの抜歯をお勧めしています。

横向きタイプ

横向きの歯のレントゲン写真
親知らずが斜め向きに生えていて、手前の歯の根元に食い込んでいるタイプで、こういう生え方をしている方がとても多いです。
親知らずが斜めに生えている場合は、手前の歯の根元から虫歯が発生しやすくなるため、出来るだけ早く親知らずを抜くことをお勧めしています。

SECTION 02 いろどり歯科の
親知らず抜歯
3つの特徴

みに配慮した抜歯

抜歯前に痛み止めを服用して頂き、表面麻酔を行なった上で十分な麻酔を効かせて、
術中に痛みを感じることは無いように抜歯を行います。もし抜歯中に痛みを感じることがあればすぐに追加の麻酔を行いますので、無痛状態で抜歯を受けていただけます。

最新設備 の完備

術前に最新のCT装置で撮影を行い、親知らずと神経の位置関係を十分に確認して十分に安全を考慮した抜歯を行います。
安全で確実な抜歯のために術前のCTでの画像診断は非常に重要です。

短時間 での抜歯

横向きの埋まっている親知らずでも、ほとんどの場合1本あたり30分以内に抜くことが可能です。
骨が強固な場合や、歯根が曲がっている場合などは1時間くらいかかる場合もありますが、時間が短いほど術後の痛みも少なく患者様の負担は少なくなりますので、迅速かつ安全・確実な処置を心がけています。

SECTION 03 上顎と下顎の
親知らず抜歯

上顎の親知らずについて

上顎の親知らずの図
顎の骨は比較的柔らかいため、まっすぐ生えている上の親知らずは、ほとんどの場合1~2分でとても簡単に抜けます。
抜歯後も腫れと痛みはほとんど出ない場合が多いです。
上の親知らずが斜め向きに生えていたり、深く埋もれている場合は、上顎洞という空洞(副鼻腔)が近いため、そこに歯が入り込まないよう慎重に抜歯をするので、少し時間がかかる場合があります。

下顎の親知らずについて

下顎の親知らずの図
よく親知らずを抜いて顔が腫れたり、強い痛みが出たり大変とイメージされる方も多いかと思います。そういった不安をやわらげるために当院では、痛みや腫れを最小限にするための配慮を行う治療をします。ほとんどのケースは、下の横向きタイプの親知らずのケースです。横向きの親知らずの場合はまっすぐの方向に歯が抜けないので多くの場合、歯や骨を削って抜きます。

抜歯後の炎症はある程度避けられない部分もありますが、当院では短時間で確実な処置を行うことでできる限り侵襲の少ない抜歯を行います。また下の親知らずに特徴的なのは、親知らずのすぐそばに下歯槽神経という名前の太い神経と血管、内側には舌神経があることです。

親知らずと神経の位置が近い場合、神経を傷つけることのないように慎重に抜歯を行いますので少し時間がかかる場合もあります。
事前に最新のCTで精査した上で、安全を確保し行っていきます。

SECTION 04 親知らずの抜歯に
ついて

親知らず抜歯した方が良い人、しない方がよい人

抜歯しない方がよい場合

  • 血が止まりにくい方、感染のリスクの高い方
  • 妊娠中の方または授乳中の方
  • まっすぐ生えていて、上の歯と噛み合っており、
    歯と歯ぐきが健康な状態
  • 親知らずを近い将来移植する可能性がある
  • 親知らずを将来入れ歯やブリッジの支えとして使いたい

抜歯した方が良い場合

  • 親知らずが十分に清掃できず虫歯になっている
  • 親知らずが斜めに生えている
  • 親知らずの周りの歯ぐきがよく炎症を起こして腫れている
  • 親知らずが原因で手前の歯に深い歯周ポケットが
    できている

「親知らず=抜かなくては
いけない」
ということではありません。

他の歯への影響や、患者様が感じている症状にもよってベストな処置は異なります。
レントゲンやCT撮影による診断と、患者様からのヒアリングを丁寧に行うことで、その方へのベストな処置方法を選択します。
少しでも気になる方はお気軽にご相談ください。皆様にベストな方法をご提案いたします。

診療科目

〒861-1103 熊本県合志市野々島5490−4

診療時間 祭日
9:00~13:00 12:30まで
14:30~18:00 17:00まで

駐車場20台完備

INSTAGRAM FACEBOOK
WEB予約 採用情報096-288-2942