SERVICES診療案内

Child correctionこども矯正

こどもの歯並びが悪くなるのは遺伝だから、仕方がないことだと思っていませんか?
最近では多くの研究から、顎の発育不良の原因として、

  • 口呼吸

  • 舌の癖

  • (飲み込みの癖)異常嚥下

口呼吸・舌の癖・異常嚥下(飲み込みの癖)などが、1つの大きな原因である事が、分かってきました。
いろどり歯科こども歯科クリニックで行なう『こども矯正』は、歯を抜かない、ワイヤーを使わない、
こどもの顎の成長を利用した治療です。

そして、お子さまの歯並びで悩むお父さまお母さまに是非とも知っていただきたい治療法です。

POINT01 いろどり歯科のこども矯正について

こども矯正では5,6歳頃からスタートし、そのお子様の弱い筋肉やお口の機能をトレーニングすることで、顔や顎の発育を促します。舌や呼吸を正しい方法に導くトレーニングをして、正常な発育・成長を目指します。その結果として、本来持っている顎の成長を促して、結果として歯並びも改善していくという矯正システムです。

トレーニングによって「歯並びが良くなる」以外にもこんな効果が期待できます。
良好な顔の発育(目元がハッキリし、口元が引き締まります)
正しい呼吸法の習得
正しい飲み込み方の習得
正しい舌の使い方の習得
正しい呼吸方法の習得
姿勢の改善
早期に始めるほど、こどもたちは生涯に渡り、正しいお口の機能・習慣を身につけることができ、 顎の成長ときれいな歯並び、好ましい発育・機能を獲得することができます。

POINT02
当院のこども矯正のメリット&デメリット

メリット

  • 01

    呼吸を改善することで全身の健康面において大きなメリットがあります

  • 02

    抜歯を極力避けることができます

  • 03

    後戻りが少ない(リテーナーがいらない)

デメリット

  • 01

    お子さまが装置を入れていない。アクティビティを行わないと改善しないため、ご家族の協力が必要不可欠になります。

  • 02

    毎日トレーニングを行う必要があります。

  • 02

    開始年齢や状況により、拡大装置が必要になる場合があります。

POINT03 おこなう治療方法について

①マウスピース装置を日中や就寝時にお口に入れておくことと
②指導したトレーニングを1日3回行うこと。

これを毎日行います。

小さなこどもにとって、毎日続けることは、そう容易なことではありません。
しかし、毎日やれなければ、お口の中に変化が起こることはありません。
積み重ねで正しい習慣を身に付けることが、本当に大事になります。

小児矯正ではマウスピースのみを渡して家ではめてもらうやり方をしている歯科医院もありますが、実際はマウスピースを入れているだけでは治らないことが多く、 後戻りをすることも多いです。
きちんと治すためには、筋機能トレーニングが大切です!
私たち歯科医師やスタッフは、お子さんにどのような問題があるか、しっかりと考え、お伝えし、それを無くすための課題を提案します。

そして、ご本人とご家族が治療終了までしっかり続けられるようサポートさせていただきます。
治療成功のためには、お子さんとご家族の努力が欠かせません。
私たちは、こども矯正を通し、顎を正常に発育させることで、
お子さんが本来持っている力を発揮できるよう、
健やかな成長を手に入れられるよう、サポートさせていただきます。

診療科目

〒861-1103 熊本県合志市野々島5490−4

診療時間 祭日
9:00~13:00 12:30まで
14:30~18:00 17:00まで

駐車場20台完備

INSTAGRAM FACEBOOK
WEB予約 採用情報096-288-2942